toggle
カナダ専門の留学エージェント
人生
    2018-08-19

    正直

    なぜ勇気を必要とするような社会になってしまったんだろう?

    殆どの亊は、どうでもいい亊じゃない?

    素直に考えて、正直に決めて、そのまま行動すればいい。

    どう見えるとか、どう影響するとかは死んだ後に考える亊にして

    いま何が自分を熱くするのかだけ考えて生きてみる。

    2018-07-24

    謙虚であれ

    人は謙虚でなければ成長出来ない。
     
    謙虚さとは、素直に人に耳を傾ける「能力」である。
     
    視野を広げる事であり、成長のチャンスを損なわない事である。
     
    謙虚な人は、自分を失わずに人に耳を傾ける事が出来る。
     
    そして謙虚さは、人生のフェーズが変わるごとにアップデートしていかないといけない。
     
    人間は謙虚さをいつでも簡単に失ってしまうから。
     


    ご覧いただきましたら是非1クリック宜しくお願い致します<(_ _)>

    2018-07-17

    真実は必ずしも重要ではない。

    人間関係にとって、真実は必ずしも重要ではない。
     
    だいたい「真実を知る」というのはとてもつもなく難しい話だ。
     
    同じ場に居て同じ体験すらしても、受け取り方は百人百様。
    情報を集めたり当事者に話を聞いても、もはや第三者は真実なんて分かりっこ無い。
     
    だから、その分かりえない真実が何か、を追い続ける事に意味はない。
     
    もっと大事な事が、実際は目の前にあったりする。
     
    留学エージェントのビジネスでも、こういった状況に対峙する事は多いです。
     


    ご覧いただきましたら是非1クリック宜しくお願い致します<(_ _)>

    2018-07-08

    力関係ではなく信頼関係

    つながりは、力関係ではなく、信頼関係でつくる。

    目先の利益、欲望、弱みが理由の関係は本質を悪化させる。ほっておくと依存体質となる。

    ビジネスも往々にして力関係が働くが、その状態は不健全さが内在し、

    視界を曇らせ、ビジネスを腐らせる。

     

    ビジネスだけでなく、友人、恋人、雇用主と従業員の関係性もまったく同じ。


    ご覧いただきましたら是非1クリック宜しくお願い致します<(_ _)>

    2018-07-06

    目に見えるものに執着してはいけない

    目に見えるものに執着してはいけない。いつか消えてしまうから。

    目に見えないものを大事にしないといけない。ずっと消える事なく、人生の最後まで残るから。

    2018-06-29

    世の中自分と違う考え方の人がいるという事実を受け入れる

    世の中に自分と違う考え方の人がいる、という事実を受け入れる。

    簡単に聞こえますが、本能に立ち向かうほどの難題なはず。

    人にとって永遠のテーマだと思います。

    頭でわかっていても、ちょっと心が狭くなるとすぐ忘れてしまいます。

     

    この人なんでそんな考え方するんだろう?とか

    なんでそんな事するんだろうかとか

    世の中には自分に理解出来ない人で埋め尽くされてる。

     

    普段からこのシンプルな本質を受けとめる事が出来れば、

    どうでもいい事に気持ちを乱す事が減るし、

    大事な事に集中出来るはず。


    ブログランキングはじめました。1クリック宜しくお願い致します<(_ _)>

    2018-06-26

    周りが自分をどう見てるかなんてどうでもいい事だ

    人の気持ちを他人が完全に理解する事は出来ない。
    同情したり理解してくれる人はいても、自分の気持ちを感じる事が出来るのは自分だけ。
     
    だから自分を理解しない他人が自分をどう思ってるかなんて本当どうでもいい事だ。
     
    社会や他人が押しつける理想像はどうでもいいし、
    他人の目や期待をプレッシャーに感じる必要ないし、
    誤解されたり決めつけられたり攻撃されても気にする必要ないし、
    人に何を言われても気にしてはいけない。
     
    自分の大切な人生の時間を、自分でない誰かのために奪われてはいけない。
     
    流されず、自分に素直に生きる道を目指そう。
    2018-06-24

    全て連続している

    よくある調光機能のついたスイッチ。つまみを動かして明るさを調整しますが、ここの部分を「スライダー」と呼んだりします。

    スライダーは「オン」「オフ」ではなく連続的につながっている。通常のスイッチのいわゆるオンとオフは、このスライダーにとっては単なる明るさの「程度」の違いで、直線上のどこかにあるだけ。

    カナダは多様性に寛容ですが、ここでの生活を通して、世の中も全てスライダーのように連続してるんだなぁと考えるようになりました。つまり区別や差別している事の殆どに決定的な違いはなく、あるのは単なる程度の違いだけ。

    障害者と健常者は「程度の違い」だけで、電気のスライダーのように連続的につながっている人間同士。要は背が高い・低いと同じで、それを人間の都合で「区別」をしているだけ。

    カナダの小学校は知的障害の子も特別学級とかではなく、普通のクラスにはいるそうです。(アシスタントティーチャーが任命されてサポートするとか)また大学・カレッジでも、ろうあの方はノートテイカーがついて授業の内容をノートに書いてくれます。必要な人には社会がサポートを提供しながら、みんな同じように教育を受ける事が出来る。周囲も、障害者の方が周りに居るのが普通、という環境で育つ。

    違いは確かにある。ただそれは「異質」なものではなく、緩やかに「連続」してつながっているのだ。

     


    ブログランキングはじめました。1クリック宜しくお願い致します<(_ _)>

    2018-06-21

    人は自分の見たい物しか見えない。

    人は、自分の見たい物しか見えない。
    聞きたい事しか聞こえない。

    映画のシックスセンスで初めて気づきました。(あれは「人」じゃなかったですが)

    ほっておくと、自分を傷つけず、自分を正当化するための情報しか入ってこない。

    この分厚い主観フィルターは本能だ。理性を使わないと乗り越えられない。

    傷つく事を恐れない強さを持ち、
    異質なことを受け入れる勇気を持ち、
    本心でない事もやる余裕を持ち、
    変化を受け入れる好奇心を持ち、
    行動を起こす素直さを持つ。

    こうすると、見えなかった道が見えてくる。
    人生は凄まじく変わってゆく。


    ブログランキングはじめました。1クリック宜しくお願い致します<(_ _)>

    2018-06-17

    何もしない事が罪

    悪い事をするだけが罪ではない。

    何もしない事だって罪になる。

     


    ブログランキングはじめました。1クリック宜しくお願い致します<(_ _)>

1 2