toggle
カナダ専門の留学エージェント
人生
    2019-04-09

    弱さを認める強さ

    自分の弱さを認める勇気。それこそが「強さ」である。

     

    誇示すること、自分の弱さに目を背けること、それは「弱さ」である。

    プライドや過信、感情を抑え、自分の弱さを受け入れ、

    それに立ち向かう人ほど強い者はいない。

     

    見た目、態度、肉体・・は強さと関係ない。

    世の中「強さ」を勘違いしている人は多いだろう。

    2019-04-07

    教師は自分の中に居る

    生きている時間の一瞬一秒全てに学びが溢れている。

    日常のささいな事柄からも学ぶ事ばかり。

     

    成長の根源は学ぶ行為そのものではなく、

    目の前に溢れかえっている学びに気づくかどうか、だけである。

     

    人には、謙虚さ・冷静さが必要だ。

    2019-01-31

    お金

    お金はものすごく大事だが、
    お金にとらわれない事はもっと大事。

    この二つがセットになって
    相互に縛りあうことで初めて
    儲ける事を考えてよいのだ。

    ビジネスだけじゃなく、
    人生の全てがそうだ。

    2019-01-29

    思い上がり

    つい先日、数年に一度位しか起きない大小のトラブル・事件が3,4つ同じ日に勃発、対応に追われた週がありました。

    1つでも結構ヘビーなのに同時多発となると、余裕の無さで寝つきも悪くなる程ですが、一方で脳内の合理化が一気に進みます。「余裕が無い」からこそいかに頭を無駄に使わないかに意識が集中し、大事でない事はザクザク思考から切り離すし、決断が早い。この時の脳内スピード感はすごい。普段この状態にはなかなかなれません。(むしろトラブルとセットなら要らない笑)

    とにかく色々学び、反省もした週でした。試練の後は、大量の学びと成長があります。
    実は少し「乗り越えてやった」感がありました。

    ところで今NetFlixでサバイバー:宿命の大統領(原題Designated Survivor)というドラマにはまってます。24シリーズのキーファー・サザーランド主演で、ある日突然大統領になった男の話です。(思いっきり説明はしょってます)

    実際24を彷彿とさせるドラマで一瞬も飽きさせない展開がまた中毒になるのですが、まくしたてるように事件・攻撃・重圧・責任・裏切り、どちらを選んでも最悪の二択ばかり迫られる・・。
    (ちなみに大統領役のキーファー・サザーランドと大統領補佐官役のイタリア・リッチが二人ともカナダ人てのがまたアメリカの懐の広さ・・)

    まぁこれはドラマですが、実際アメリカ大統領は常人だったら耐えきれない重圧や問題のシャワーを毎日浴びてるのは間違いないでしょう。

    このドラマを見てると、サザーランドが辛そうな顔で向き合ってる困難に比べたら、私のこの間の大変さなんて虫けらのウンコみたいなもんだ・・と、変な安ど感を感じるのでした。

    自分が人一倍困難や不幸に向き合ってる、と感じたらそれは驕りだ。もっとキツイ人の存在を知ると、自分がいかに小さい人間か痛感して免疫力が高まる。

    【今日の学び】
    困難で辛い時は、ドラマでもっと辛い人の話を見る。気が楽になります笑

    2019-01-24

    人はみんな弱い

    人はみんな弱さや陰を抱えているもの。

    それが普通で、それが当たり前。

     

    弱さや陰を一切感じない人がいたとしたら、

    単にその人の事をよく知らないだけか、

    その人が弱さへの対処法を知っているだけの話。

    2019-01-23

    人はすべて「好き嫌い」で動く

    仕事も、経営も、プライベートも、何をするモチベーションも、

    行動原理は全ては「好き嫌い」だなぁ。

    究極突き詰めれば、人の世はぜーんぶそうだ。

     

    好きな人とはポジティブな方向で物事を考えるし、

    嫌いな人には何も考えないか、ネガティブな想像しか出てこない。

    まぁそれが自然なんだな。

     

    逆に「損得勘定」が「好き嫌い」より強くなると、おかしな話になってしまう。

    好きじゃないけど得するから誰かと仲良くしようとか、

    提携したくないけど儲かるから手を組もうとか、

    これやっちゃうと歯車がどんどんずれてくるんだよね。

     

    だったら、「提携すると得するけど、好きになれないから提携しない」の方がよっぽどましな考え。

    最終的にはこっちのほうが多くの得を運んできてくれる。

     

    まぁ一番は、人を嫌いにならない事ですね。

    人生の大切な時間をネガティブな事に費やさずに済む。

    なりそうになったらストップ。深入りしない。関わらない。

    誰とでも「好き嫌い」感情なく仲良くすると、いずれ良い事がやってくると感じます。

    2019-01-10

    日々全てが学び

    会社運営にあたって、むしろ生きるにあたって最近心に留めている考えを書きなぐってみました。

    • 上に立つ人間ほど謙虚でなければいけない。
    • 人の力学は、「力」関係ではなく信頼関係。
    • 信頼関係とは、損得勘定無しに相手を大切に出来る関係。
    • 売上を意識しない事が、最大の売上につながる。
    • 不自然なほど美味しい話、挑発的な話に惑わされない強い心。
    • 責めたり追いかけるのではなく対話する。
    • 全ては縁である。縁があった時は感謝し、縁がない時は頭を切りかえる勇気を。
    • 地味で実直で面倒な事こそが最も大事。金がかかるかどうかはあまり関係ない。
    • 善意、奉仕の気持ちは、見える形で必ず返ってくる。
    • 冷静と情熱、どちらもすごく大切で、どちらも必要だ。
    2018-12-07

    ビジョン

    ビジョンが大切なのは

    目の前のことに囚われないため。

    日々起きる目の前の事はすべて枝葉である。

    幹が見えないと枝の揺れに目を奪われてしまう。

    ビジョンとは言うが、それはビジブルなものを見ないという意味であり

    仕事で一喜一憂せず心を乱されないために

    目に見えない理想像を追いかけるビジョンが必要だ

    2018-11-16

    古川夏好さんの裁判を終えて

    約2年前、私たちの大切なお客さんが行方不明になり、約一ヵ月弱の警察による捜索もむなしく残酷な結果となった事件がありました。今でも2016年9月を昨日の事のように思い出します。

    そして事件から2年、ようやく裁判を終えました(裁判自体は4週間ほど行われ結審)。殺人容疑のウィリアム・ビクター・シュナイダーに第二級殺人で有罪、無期懲役(仮釈放申請14年間禁止)という判決でした。

    殺人犯のウィリアム・シュナイダーは裁判を通して不誠実でした。古川さん死亡との関わりを認めているにも関わらず不鮮明で曖昧な供述に終始し、殺人についてはむしろ無罪を主張。状況的にも実態は第一級殺人に間違いないと確信していますが、証拠不十分のため検察は第二級殺人で告訴するしか無かったのだと考えています。本当に悔しい限りです。

    裁判を終え犯人に厳罰が下ったところで、実世界は何ら一片とも変わる事がありません。ご家族や友人・知人にとって夏好さんは居ないままです。このウィリアムは死をもってしても罪を償う事なんて出来ません。お母さまやご家族が受けた痛みはどれだけのものか、私には推し量ることも想像も到底出来ません。

    しかしながら「陪審員裁判」で有罪がおりたのは、カナダ社会がこの極悪な犯人への制裁を求めている事にほかなりません。社会が夏好さんの死を悲しみ、そして夏好さんの味方になりました。この判決は罪を償うにはほど遠いですが、お母さまやご家族の皆様にとって少しでも落ち着きのある時間を取り戻す助けになればと願っています。

    夏好さんの友人より:Joffre Lakesでのキャンプにて

     


    悲しく辛い事件でしたが、この事がきっかけで夏好さんのご家族や友人と親しくなり、私にとっても大切な人間関係が出来ました。夏好さんがカナダで過ごしたのは四カ月ほどの短期間にも関わらず、築いた多くの友人・知人(しかも幅広い年齢層に至るつながり)に驚き、また会う人会う人皆さん本当に素晴らしい方ばかりで、夏好さんの人柄を改めて知る事となりました。

    特に夏好さんのお母さんとも深いつながりが出来ました。私がお母さんの立場だったら、深く悲しみながらもあれほど毅然と、勇気を持ち、かつ慈悲と思いやりを持ち続ける事は出来なかったと思います。夏好さんへの愛が深いからこそ成し得たとしか言いようがありません。

    そんなかけがいのない皆さんとの関係は夏好さんからいただいた大切な贈り物です。彼女が居なかったら存在しなかった人間関係が広がっていくことが、目に見えない形で夏好さんが今も存在する証です。人生が変わり、世界の一部になった証拠です。


    私はこの事件を通して多くの亊を学びました。2016年9月は狂気の沙汰で、夏好さん失踪の本質と関係ないところで色んな事がおきました。たくさんの意見・感情・エゴ・エネルギーがぶつかり合い、消耗しつつ、何を・誰を信じればいいのかわからないような状況でした。

    こんな混乱の中にあり、幾つもの教訓がありました。

    • 信じられるのは自分しかいない
    • 大切な事以外は重要ではない
    • 人は幻想・妄想の中で生きている
    • 自ら強い関心を表に出す人に限って、実際は関心なんか無い

    捜索支援活動は、メディアの報道が連日続いた事もあり、日本・カナダの一般の方やマスコミから多くの問合せ・連絡がありました。多くは心配や同情からのメッセージ、情報を持つ方はお知らせいただき、ボランティア活動にはありがたくも大変多くの方にご協力いただきました。人が助け合うというシンプルな行為にある感動を改めて体験した日々でした。

    ただ連絡をいただく中の一部は、お祭り騒ぎに便乗したいだけと思われる人などからの情報に振り回され時間を取られる事もありました。
    中には家族と連絡をとって嘘・妄想を吹き込み私たちとの連絡を妨害したり、ご家族を混乱に陥れ、精神的な二次被害をかけた詐欺的夫婦もいました。(もはや二つ目の事件と言っても大げさで無い混乱でした。留学業界では有名なクレーマー夫婦(カナダ人夫と日本人妻)で、この事件の後もトラブルを起こしている話が耳に届いています。日本人がこんな事を行っている事に恥ずかしさを覚えます)

    このような嘘か本当かわからない人・情報が押し寄せてくると、本当に信じられるのは自分だけと強く確信するようになりました。どんな意見や情報でも、例え仲間からの話でも、自分がその都度判断をしたり裏付けを重ねていかないといけないのです。
    また目の前にとてつもなく重要な事が起きていると、それと関連性の無いその他のどうでもいい事は次々と流していくようになります。邪魔されても怒りすら起きないし、そこに感情をとらわれる余裕がそもそもないのです。自分が周りからどう思われてても勘違いされてても、どうでもいいのです。他人は自分の真実を知らないのですから。

    そして人は自分の思い込みや妄想・幻想が膨らむと事実との境目が見えなくなり、妄想を信じるようになる事も実感しました。当時はマスコミが我々から聞いたり関係者に話を聞いてニュースを組み立てる状況もあったのですが、断片的・主観的な情報で作られたニュースやワイドショー、ネットの書き込みを見た人が、あたかも情報ソースである現場や私たちよりも事実を知っているかのような言動がまかり通っていました。これが悪化してネットではある事・無い事が自由気ままに書かれ、それが事実かのように見えてしまうスパイラルになります。

    また、夏好さんを知らない第三者がニュースやネットから得た知識で、本人なりの結論を出して意見を当事者に伝えたりネットで発表する人は、やはり想像・妄想・断定のもとに行っているとしか言えません。自ら気づかずに断定している亊が、家族・知人・関係者をどう傷つけているのか知らないのです。これが出来るのは「本当はその被害者に関心が無いから」なんだと思います。関心が無いというのは、共感や慈悲の気持ちはあるかもしれないが、本当に夏好さんを知っていて彼女を想う人であれば、いちいち想像から言葉や行動に移す必要は無いし、確信が無い事をネットなどわざわざ発言する必要ありません。

    しかしながら、多くの方の激励やヘルプは、私たちのみならずご家族・関係者を支えていただきました。個人的にもここで改めて感謝の意を表したいと思います。本当にありがとうございました。


    この件を通し、大切な知人や友人が出来また多くの学びを得たのは、全て夏好さんが居たからです。今でも残る彼女の存在感を心に、今後も身を引き締めて生きていこうと思います。

    2018-08-19

    正直

    なぜ勇気を必要とするような社会になってしまったんだろう?

    殆どの亊は、どうでもいい亊じゃない?

    素直に考えて、正直に決めて、そのまま行動すればいい。

    どう見えるとか、どう影響するとかは死んだ後に考える亊にして

    いま何が自分を熱くするのかだけ考えて生きてみる。

1 2 3