toggle

【毎日更新】新型コロナウイルスの影響について

【速報】学生ビザで渡航できる学校が発表されました(10/21)

新型コロナウイルスで不安の中過ごされている方が多いと存じます。このページでは留学・ワーキングホリデーに関わるコロナ最新情報を毎日(平日)アップデートしています。(日付はカナダ時間のため、日本より約一日遅い表記となります)

状況は日々変化しますが、弊社では各機関と密接にやりとりしています。弊社と相談中の方は当ページを頻繁にチェックいただきつつ、担当カウンセラーともお話いただく事をお勧めします。

Twitterでもコロナ最新情報を発信中です!

まとめ(カナダ時間10/29現在)

復旧関連

  • (10/19)アメリカ国境封鎖が11/21まで延期されました
  • (9/28)国境封鎖が10/31まで延期されました⇒詳細(英語)
  • (9/19)ON州:フェーズ2へ移行しました⇒詳細
  • (7/23)BC州:感染拡大防止の為、一部規制強化しました⇒詳細
  • (6/24)BC州:フェーズ3へ移行しました。⇒詳細
  • (6/8)カナダビザ申請センター(バイオメトリック施設)が再開しました。

学生ビザの渡航について

カナダ入国出来る学校が発表されました。(10/21)

学校が政府に提出したコロナ対策プラン(Covid-19 Readiness Plan)が認可されると、その学校の学生はカナダに入国出来ると発表されておりましたが、その具体的な学校一覧が10/20に発表されました。⇒学校一覧はこちらから
BC州のPost Secondaryは39校、ON州は14校がリストアップされています。どちらも公立カレッジ・大学が大半を占めていますが語学学校・専門学校も含まれます。
なお今後も定期的(2週間毎)に学校が追加される見込みで、次回は11月3日に発表予定です。

渡航条件は大きく2点です。
【条件1】有効な学生ビザ、またはビザの許可レターを持っている事
【条件2】Covid-19 Readiness Planの認可を受けた学校である事

既に学生ビザを申請済みだった方は既にビザの許可が下り始めています(10/22)。学生ビザが無い人はこれからビザ申請し許可が発行されてから出発となりますが、申請の処理時間が現在不明であり、申請から許可発行までの所要時間が読みにくい状況です。なお今後の申請は2段階制では無くなった(通常の一段階に戻った)とも説明されています。
この情報のソース(英語)
認可された学校の一覧(英語)
コロナ禍の渡航の流れ

全体

  • 【渡航】(8/10)緊急事態宣言中のカナダ渡航の流れについて別ページで整理しました。
  • 【渡航】(8/4) ビザ毎の渡航判断についてよくある質問コーナーでまとめました。
  • 【渡航】日本・カナダ間の航空便が減便または運休しています。各航空会社の最新情報はこちら⇒ANA、 JALエアカナダ在カナダ日本大使館
    ANA
    ~11/30 バンクーバー⇔羽田:月、水、金
    JAL
    10/1~ バンクーバー⇒成田:火、水、日 成田⇒バンクーバー:月、火、土
    エアカナダ
    バンクーバー 週4便
    トロント 週3便
    モントリオール 11/30まで運休
  • 【渡航】(4/17)4/20正午より航空機利用時の際のマスク等携帯の義務化が始まりました。マスクまたは顔を覆えるものを携帯していないと搭乗が認められない場合もあるとのことです。
  • 【渡航】(3/25)カナダ政府は入国する全ての者に対して14日間の隔離を要請ではなく法的義務としました。症状がある帰国者は公共交通機関の使用は禁止、高齢者や基礎疾患のある人と接する可能性のある場所にいてはいけない、等の決まりがあります。隔離する場所がない場合,Chief Public Health Officerの指定する施設で隔離を行えます。カナダ到着時に与えられた指示に従わないものは最大6か月の懲役及び、もしくは$750,000の罰金が課されることがあります。
  • 【渡航】(3/16)3月18日以降、国境を閉鎖し外国人の入国を禁止すると発表がありました。日本人も18日以降はカナダに入国出来ませんのでご注意ください。
  • 【ビザ】(9/2)ワーキングホリデービザの入国期限の延長が最大12カ月まで申請可能になりました。⇒詳しくはコロナウイルスよくある質問をご覧ください。
  • 【ビザ】(6/25更新)3月18日時点で有効なビザ(valid work permit & study permit)を所有してる人、および学生ビザの許可が下りていた人は26日の時点で入国禁止の例外となりました。つまり既にビザを持っている人は国外に居ても入国出来ることになります。※ただし担当する入国審査官によっては、エッセンシャルであるかどうかを細かくチェックされ、入国対象と判断されない場合があります。詳細⇒3/20発表3/26発表
  • 【ビザ】(5/11)ワーホリは今後ジョブオファーが必要、という誤解が広がっています解説
  • 【現地生活】(8/6)BC州の公共交通機関TransLinkはマスクまたはフェイスカバーの着用を8/24より義務化します。
  • 【現地生活】(7/2)ON州の公共交通機関TTCはマスクまたはフェイスカバーの着用を義務化しました。
  • 【感染者数】(10/29)カナダ国内の感染者数:225,586人
  • 日本を含む全ての国を健康関連注意レベル3(不要な渡航は避ける)に指定しました⇒カナダ政府の国別注意レベル

学校の再開状況(対面授業の再開)

※()内はキャンパス名略称、()が無い場合は全キャンパス開校

その他詳細情報(在カナダ公館情報からの抜粋など)

  • 新型コロナウイルスの感染・疑いがある旨診断された場合は,最寄りの領事館へご連絡ください。
  • 外務省がメールで最新の海外安全情報を送る旅レジの登録をお勧めします⇒たびレジ登録ページ

A. カナダ入国について

●カナダへの入国者は,症状の有無にかかわらず14日間の自己隔離が義務(例外職種あり)。違反者には罰則適用。
●すべての入国者に対し,入国時に隔離計画の聴取が行われる。65歳以上の高齢者や,基礎疾患のある人と接触する場所での隔離は認められない。隔離場所は,食料や必要な医薬品など,基本的な生活必需品が入手できる環境である必要がある。
●隔離計画が不十分もしくは不適切と判断された場合は,ホテル等,首席公衆衛生官の指定する施設で隔離することが求められる。
●帰国者は,症状がある場合,公共交通機関の使用は禁止。
●隔離場所までの移動の際は,非医療用マスクもしくはface covering を着用しなくてはいけない。
●カナダ到着時に与えられた指示に従わないものは,最大6か月の懲役及び,もしくは$750,000の罰金が課されることがある。
●カナダ国籍者,カナダ永住権保持者以外のものには,入国制限が課されています。(カナダ政府,移民局のウエブサイト参照)

B. 感染拡大予防のための規制

●以下の場合は,各州の公衆衛生機関の指示に従い,隔離(isolate)もしくは自己隔離(self-isolate)が必要:
海外から帰国した場合,新型コロナウイルス感染と診断された場合,検査結果を待っている場合,新型コロナウイルスの症状がある場合,新型コロナウイルス確定もしくは疑い患者と接触があった場合, その他公衆衛生機関から勧告された場合。

●航空機利用の際の非医療用マスクもしくはface coveringの携帯と,必要に応じた着用が義務付けられています。
◯他人との距離が十分に取れない場所(空港の保安検査所や,その他航空会社係員より指示された場合)において,またPublic Health Officialによる指示があった場合には,必ず非医療用マスクもしくはface coveringを着用しなくてはいけない。それ以外の場合でも,着用していることが望ましい。
◯適切な非医療用マスクもしくはface coveringを所持していない場合は,搭乗を拒否される可能性がある。
◯非医療用マスクもしくはface coveringは身分確認等の際に外すことが必要になるので,容易に着脱が可能なものである必要がある。
◯船舶,列車,バスについても,非医療用マスクやface coveringの着用を勧める。

非医療用マスクやface coveringについては以下のように説明されています。
●きつく編まれた繊維の層二層以上で構成されており,鼻と口をきちんと覆い,紐または耳掛けで頭部にしっかり固定され,呼吸が容易にできるものである必要がある。
●非医療用マスクは,2歳未満の小児,呼吸困難のあるもの, 自力でマスクを外すことができないものには使用してはいけない。
●非医療用マスク着脱の前後には手をよく洗う。着用中にマスクや顔を触らないように気をつけ,触った際にはすぐに手をよく洗う。外したマスクを持ち歩く際にはビニール袋に入れ口をしっかり閉じる。マスクを再利用する場合は洗濯する。石鹸と熱い湯で洗う,もしくは他の洗濯物と一緒に洗濯しても良い。
●サージカルマスク,処置用マスクやN95マスクなどの医療用マスクは医療従事者や感染者の看護をしている人々が使用すべき。供給が不足する危険があるので,非医療従事者は使用を避けるべき。
●非医療用マスクの使用はあくまで追加措置であり,手洗いや他人との距離を保つ等の一般的な感染予防措置を行うことが最も重要。

カナダ政府によるコロナウイルス情報
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/coronavirus-disease-covid-19.html

関連リンク

一般的な情報

カナダ関連