toggle

新型コロナウイルス「よくある質問」

コロナウイルスに関連して、留学生・ワーキングホリデーの方からよく聞かれる質問をまとめました。これらはあくまで一般的な質問に対する弊社固有の見解であり、個々のケースについて保証するものではありません。カウンセリング中の方は担当カウンセラーへ直接ご相談ください。

※その他の最新情報は【毎日更新】新型コロナウイルスの影響をご覧ください。
自宅で参加できる無料イベント情報はこちら!

目次

マイルストーンカナダのYouTubeチャンネルでもコロナ情報を発信しています!

カナダに入国できますか?

カナダ時間3月18日より、日本人を含めた外国人はカナダへの入国が禁止されています。(カナダ国籍、永住権保持者を除く)⇒詳細(英語) この措置の期限は6/30⇒7/31⇒8/31と延期が続き、現在(7/31)時点では8月31日までとなっています。

ただし3月18日時点で既にビザを所有していた人、またはビザの許可を得ていた人は入国出来るとされていますが、就労ビザ(ワーホリ含む)の場合はジョブオファーが必要で且つエッセンシャル・ワーカーと認定されなければ入国出来ない(強制帰国となる方もいます)、入国後14日間の自己隔離が義務、仕事も少ない・・といった背景もあり、例え許可をお持ちでもワーホリでの渡航は出来る限りお避け下さい。既に学生ビザの許可を得ている人は入国出来ます。※ただし担当する入国審査官によっては、エッセンシャルであるかどうかを細かくチェックされ、入国対象と判断されない場合があります。担当カウンセラーに相談の下、事前準備をしっかりしておくことをお勧めします。

また日本との直行便を運航するJAL、ANA、エアカナダは運休や減便の措置が行われています。詳しくは新型コロナウイルスの影響について【毎日更新】をご覧ください。

ワーホリはジョブオファーが必要になったのですか?

5/8にカナダ政府ウェブサイトで以下のような発表があり「有効なジョブオファーを持つIEC参加者のみ入国出来る、この措置は告知があるまで継続される」と案内がありました。

このアナウンスに対する弊社の見解は以下の通りです。

・IEC(ワーホリだけではない)の入国規制を一時的に厳しくしたもの
・ワーホリは現在入国出来ないので引き続き渡航は避けて下さい
ジョブオファーをワーホリに求めるのが趣旨ではない

アナウンスにはIECの3つ全てのカテゴリが対象で、もともとジョブオファーが無い事が条件のワーホリも含まれています。日本はIECの3カテゴリのうちワーキングホリデーしか対象ではありませんから、改めて入国禁止が明確になったと理解できます。(元々入国すべきでない状態でしたが)

一方、ジョブオファーが必須である他の2カテゴリについては条件に合致していれば入国出来る可能性はありますが、IEC参加者に届いたメール(下記イメージ)にはもう少し具体的な表現で「a valid job offer, which includes recent confirmation from your employer that they continue to operate and are willing to employ you」と付け加えられており、単にオファーがあれば良い訳ではない事がわかります。むしろ制限が厳しくなったように見えます。(加えて現在はビザがあってもEssential Workerでないと入国が難しい状態です。参考

IEC参加予定者へ送られたメール↓

上記メールで「temporary measures will remain in place until further notice」とあるようにあくまで一時的な規制であり、今SNSで広がっているような「ワーホリは今後ジョブオファーが無いと入国出来なくなった」と基本ルールが変わったかのような解釈は誤りです。更に拡大解釈して「ジョブオファーがあれば入国出来る」と考えるのも趣旨が根本的に間違っています。

ビザコンサルタントのアドバイスでも同様の警告がされています。

これらはカナダがウイルスから国を守るための一連の規制ですから、早期にパンデミックを抑え外国人が入国出来るようにするためにも私たちはカナダ政府の方針に協力し、ビザの種類に関係なく渡航は控えるべきです。

誤解・意訳はインフォデミック(ネットで噂やデマも含めて大量の情報が反乱すること)を引き起こします。くれぐれもお気をつけください。いずれにしましても現在はカナダ渡航せずに新しい情報をお待ちください。規制はいずれ緩和されますので、新しい情報が発表されましたら改めて発表致します。

↓↓↓YouTubeチャンネルでは本件をもう少し細かく話していますので、こちらもご参照下さい。

学校は通えますか?

ほとんどの学校はオンライン授業へ切り替えていましたが、6月から徐々に対面授業の再開をはじめました(感染者数の少ないBC州など)。学校により対応は様々ですので、詳細はカウンセラーへご相談ください。
なお語学学校・専門学校・カレッジは今もお申込み手続きは可能です。

いつ頃になれば渡航できますか?

現在カナダは都市閉鎖されている状態です。加えて入国制限もされているため、それぞれが解除され、加えてビザ発行が通常状態に戻るまでを考慮しても9月以降の渡航計画を強く推奨します。遅ければ遅いほど安全です。

なお現在、海外からのビザ申請が殆ど進んで無いため、これからビザ申請する方は、留学カウンセラー・エージェントのアドバイスのもと余裕をもって渡航計画を立てる必要があります。
※航空券は混乱を避けるため直行便を推奨します。

ビザ申請の許可が下りません/バイオメトリックスの期限が切れます

カナダ国外のビザ申請は進んでいない状況です(ワーキングホリデーの招待は現在停止中)。ワーキングホリデー・学生ビザを申請中だった方は結果の連絡が届かない状態ですが、それは却下という意味ではありません。
またバイオメトリックス(指紋登録)施設が閉鎖されており現在は登録出来ない状態です(施設の営業状況。検索でtokyo/osaka等と入力)。そのため期限付きの指紋登録の指示レターが届いている方も、施設が再開するまで無期限に期限を延長すると移民局から発表されています。

6月8日から東京と大阪のビザセンターが再開しました!これによってバイオメトリックを取る事が出来るようになります。ただし指紋登録をしてもビザの許可が発行されるかどうかは不明(6/9時点)

ビザ許可証の入国期限が切れてしまいます。

コロナの影響で渡航を延期すると所有しているビザ許可証(学生ビザ、ワーキングホリデー)の入国期限が切れる場合、特別に入国期限を90日間延期する申請が出来ます。またこれは2回申請する事が出来ます。(つまり合計で90日×2=180日間の延期)
希望者は期限まで1か月をきった時点でリクエストするルールとなっています。期限の一ヶ月以上前に申請しても返事や結果は保証されず、返事がない事にクレームを言う事も出来ません。

・本件に関するカナダ政府の説明
https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/coronavirus-covid19/iec.html#s14

・カナダ大使館、移民局からのメール(クリックで拡大)

学生ビザ・ワーキングホリデーの入国期限が迫っていて渡航延期をすると期限切れになってしまう方はこの申請をご検討下さい。学生ビザの方は、もし入学日を変更した入学許可証(LOA)を用意する事が出来ればその提出もお勧めします。

ビザ期限の延長手順はこちら⇒コロナウイルスによるビザ期限の延期手続き

学校やエージェントは潰れませんか?

カナダ政府は中小企業に向けて以下のような施策を矢継ぎ早に発表しています。

  • 従業員の給料75%補助(三ヵ月)(CEWS) 
  • 家賃の75%補助(三ヵ月)(CECRA)
  • 4万ドル(約320万円)の長期・無利子ローン、うち1万ドルは返済不要(CEBA)

    参考リンク:Canada’s COVID-19 Economic Response Plan

これに加え給料減少または職を失った人に月2000ドル(約16万円)が最長四ヵ月間に渡って給付される策(CERB)も行われています。従業員が多い学校では一時的に解雇して政府の給付金の活用を促しているケースが目立ちます。

こういった政府の施策により、カナダにある留学エージェントや学校は人件費や家賃の負担が著しく緩和され、特に固定費の高い学校経営ですらしばらくビジネスを閉鎖する事なく事業継続できるものと思われます。

【弊社代表芦田より】中小企業には文句のつけようがない補助策であり大変心強く感じています。この環境で急に経営難になる学校・現地エージェントは想像しにくいですし、弊社もスタッフを解雇する事なく安定して事業を継続しております。一部学校関係者からも政府支援のおかげで最悪の決断をする必要は現時点ではないと伺いました。

仮に学校が閉鎖した場合でも、殆どの語学学校・専門学校が所属する加盟団体により学生の保護が行われます。以下の団体に所属している場合は、学生が申し込んだ内容と同等の授業を他校で受けられるようにアレンジするといった措置が行われます。
Language Canada ※主に語学学校が所属
PTIB(Private Training Institutions Branch) ※主にキャリアカレッジ(私立専門学校)が所属

私も緊急給付金(CERB)を受けられますか?

既にカナダ滞在中でアルバイトをしていたが、コロナウイルスの影響で収入が無くなり困っている・・という方は、留学生・ワーキングホリデーでも資格要件さえ満たしていれば政府が支給する緊急対策給付金(Canada Emergency Response Benefit)の申請をする事が可能です。許可されれば週500ドルを最長16週間にわたり支給されます。労働が許可されていない留学生(語学学校やカレッジ付属ESL/ELIの学生など)は申請出来ませんのでご注意下さい。

【申請条件】

・カナダ在住で、15歳以上の人
・COVID-19のために仕事がなくなったひと。自発的に辞めた人は対象外。
・2019年または申請日から遡り12か月以内に5,000ドル以上の収入があった人
・最初の4週間の期間で連続して14日間、雇用または自営業の収入がない人、またはないと予想される人。 その後の給付期間については、雇用所得がないと予想される人。

なお政府は悪用を強く禁止しています。条件にあわない方の申請はお控え下さい。詳細は以下の外部サイトをご覧ください。

今もSINは取得できますか?

SIN(Social Insurance Number:社会保障番号)はカナダでアルバイトや仕事をするために必要なものですが、現在SINを申請すべきService Canadaオフィスが閉鎖しており対面で手続きする事は出来ません。
その代わり今はオンラインで申請する事が出来ます。詳しくは以下のページをご覧ください。
⇒オンラインのSIN申請方法ガイド(カナダ政府)

渡航の延期をする場合、どのような手続きになりますか?

学校

弊社で手配した場合はこちらで調整致します。殆どのケースで追加費用は発生しません。ただし新しい入学日を決めて手続きする必要があります。

住まい(ホームステイ・寮)

弊社で手配した場合はこちらで調整致します。殆どのケースで追加費用は発生しません。

ビザ

・ワーキングホリデーは許可証の有効期限内に渡航出来れば有効性は変わりません。
・学生ビザの場合、取得している許可証の期限(予定した通学期間)までに出発するならば再申請は不要です。(学校から新しい入学許可証を取得してカナダへ入国し、現地では早めに学生ビザの延長をする必要が出てくると思われます。)
・延期すると入国期限が切れてしまう場合は90日間の延長がコロナ関連の特例で認められました。詳しくは上部の「ビザ許可証の入国期限が切れてしまいます」をご覧ください。

ビザは個々に対応が異なりここで一概に言えないケースもあります。詳細は担当カウンセラーまたはビザコンサルタントへご相談ください。

航空券

延期であれば殆どの航空会社が対応しております。延期の手数料はチケット種別や航空会社により対応が分かれますが、例えばエアカナダではもともと延期できないチケットでも特例で延期するケースがあるようです。利用された旅行代理店などに詳細をご確認ください。

保険

通常、渡航日前であれば日程の変更が可能です。詳しくはご契約された保険会社や代理店へお問合せ下さい。(弊社経由のAIG保険ご契約については担当者が対応しますので気軽にお問合せ下さい)

携帯電話(PhoneBox)

弊社でご紹介しているPhoneBox社のSIMを受け取り済みで且つ渡航前の方は以下のような対応となります。
(1)SIMが届いたが未契約⇒そのままSIMを保管いただければ次回ご利用いただけます。
(2)契約したが番号は届いてない⇒お申込みをキャンセルし、クレジットカードへ返金をします。そのままSIMを保管いただければ次回ご利用いただけます。
(3)契約して番号も届いた⇒お申込みをキャンセルしクレジットカードへ返金します。SIMはもうご利用いただけないので破棄し、改めてお申込みする場合は新しいSIMをリクエストして下さい。

PhoneBox連絡先
Email:info@gophonebox.com
Phone:1-855-886-0505
LINE:phoneboxcanada

渡航をキャンセルするとどうなりますか?

学校・住まい・留学サポート

学校のキャンセルは、渡航前でコロナウイルスを理由とする場合入学金以外は全額返金されるケースもあります。入学後は通常のキャンセルポリシーが適用されるケースが殆どです。各学校で個別に方針を決めていますので詳細はご確認ください。
ホームステイについても、渡航前なら手配料以外は返金出来る場合がございます。
弊社でもお申し込み後は規定のキャンセル料がございますが、将来改めて学校申込みされた場合は弊社キャンセル料は全額ご返金致します。詳細は担当カウンセラーへご確認ください。

航空券

航空券のキャンセルは規定通りのキャンセル料(または返金無しなど)が発生します。

保険

通常、保険開始日前(渡航前)であればキャンセルが可能で、支払った金額は全額戻ります。すでに入国して保険期間が開始している方でも、残日数によっては返金がされる場合があります。詳しくはご契約された保険会社や代理店へお問合せ下さい。(弊社経由のAIG保険ご契約については担当者が対応しますので気軽にお問合せ下さい)

携帯電話

PhoneBox社の場合、窓口へ連絡をすればキャンセル手続きが可能です。なお現在は特別にバケーションプランを用意しており、最大半年間は手数料・維持費なしで契約を休止できますのでこちらもご一考下さい。
PhoneBox連絡先
Email:info@gophonebox.com
Phone:1-855-886-0505
LINE:phoneboxcanada

ビザ

取得済みのビザ(学生、ワーホリ)に関して特に対応をする事はありません。また申請時に支払った料金は返金されません。

帰国する場合何をすればいいですか?

銀行

カナダに戻る予定が無ければ帰国前に口座解約が必要です。通常は本人が窓口へ直接出向いて解約手続きをしますが、電話で対応している銀行もあります。TD Canadaの電話窓口はEASYLINEサービス(24時間対応、日本語通訳サービスあり)1-416-983-5393をご利用いただけます。

保険

保険期間が残っている場合、残日数によっては返金される場合があります。詳しくはご契約された保険会社や代理店へお問合せ下さい。(弊社経由のAIG保険ご契約については担当者が対応しますので気軽にお問合せ下さい)

タックスリターン

昨年カナダで仕事をした事がある人はタックスリターン(確定申告)を日本へ戻る前に必ず手続きしましょう。殆どの人は支払った税金の一部が返ってきます。多くの方は代行サービスを利用しています。日本語で手続きの代行をしているこちらのサービスもお勧めです(日本への振込も可能)
バンクーバー:インカム・タックス・リターンお助け隊
トロント:楽らくインカムタックスリターン代行

帰国手配

2020年4月8日時点で日本行きのエアカナダは全便運休、JALとANAも減便され週3便ほどしか飛んでおらず、5月以降の運航状況もどうなるかわかりません。帰国する人が増えている関係で航空券も手配しにくい状態になっていますのでご注意下さい。

日本入国

日本時間4月3日午前0時より、カナダに滞在していた全ての人は日本に入国の際(成田空港または羽田空港)でPCR検査が実施されます。その為帰国前に必ず到着後の準備をしてください。

・PCR検査結果を待つ場所(自宅または知人宅)の手配
検査結果が出るまでに1-2日かかりますが、その間はホテルや旅館などの施設には滞在できません。滞在先へ移動は家族や友人などに車で迎えに来てもらう、またはレンタカーの手配が必要です。
※滞在できる場所がない人は空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で、待機することになります。(空港で2日間過ごすための準備をしておいた方が良い)

・検査結果が出て陽性の場合は医療機関に隔離(入院)されます。
陰性の場合は14日間、自宅など国内で待機する。この期間はホテル旅館などの施設に滞在することも可能です。ただし移動に電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船などの公共交通機関を使えません。
※地方に住んでいる人は、国内線に乗ることができない為14日間滞在できる場所を自分で確保する必要があります。
※ホテル代や交通費などの費用はすべて自己負担になります。

以下のブログなどからカナダ入国時の体験談がご覧いただけます(カナダからの帰国ではありませんが同じ状況が発生します)。なかなか大変な様子ですのでご注意下さい。
ワサビブログ:コロナウィルスの成田空港での帰国から自主隔離まで【4月8日レポ】
NHK政治マガジン:コロナで帰国、待っていたのは・・

ビザ

取得済みのビザ(学生、ワーホリ)に関して特に対応をする事はありません。また申請時に支払った料金は返金されません。