toggle

コロナ禍の渡航の流れ

コロナ対策で追加された手順を含め、今カナダへ渡航する時の流れをご説明します。
※渡航ルールは頻繁に変更されるため当ページの情報が最新である保証は出来ません。弊社お客様はカウンセラーと相談しながら準備を進めて下さい。
参照:COVID-19 vaccinated travellers entering Canada

<規制の動き>

  • 2022/1/15以降の入国は全員ワクチン接種が義務
  • 2022年3月以降は入国後の自己隔離撤廃、出発前検査は抗体検査でOK
  • 2022年4月以降は出発前検査が不要
  • コロナ関係の必須手順
    1. ワクチン接種証明の取得
    2. ArriveCanアプリ送信
    3. 入国後のPCR検査 ※ランダム

1.準備

ビザ申請

【学生ビザ】DLI一覧にある学校から入学許可を受け取れば、学生ビザ申請をした上でカナダに留学が出来ます。
【ワーホリ】2021年9月以降、それまで必要だったジョブオファーの要件が無くなり、申請・渡航ともにジョブオファー無しで可能です。2022年度も申請受付中。
【観光】観光はビザ申請は不要ですが、eTA申請が必要です(eTAの詳細・申請方法)。滞在・通学とも上限は6か月で、延長は原則出来ません。(現地で学生ビザの切り替えも可能ですが複雑な申請のためビザコンサルタントの代行必須)。

住まいの確保

2022年2月28日から自己隔離は不要になりました。滞在先の条件はありませんので、ホームステイや学校の寮、ホテルやAirBNBなどを自由に利用できます。

現地電話番号(必須)

カナダ到着後に本人へ連絡出来る電話番号をArriveCanアプリへ登録する必要があります。つまり番号が事前にわからないと出発準備を完了できません。滞在先(ホームステイ等)に電話番号があればそれでも問題ありませんが、理想は自分の携帯電話番号です。
弊社では渡航前からカナダの携帯契約が出来るサービスを無料で提供しています(初期経費など一切無料)お希望の方は気軽にお問い合わせ下さい。⇒無料SIM申し込み

ワクチン接種証明(必須)

紙の接種証明 2022/1/15以降、ビザ種別に関係無く全てのカナダ入国者はワクチン接種が条件となりました。指定回数(ファイザー、モデルナなら最低2回)の接種をした証明を取得してArriveCanアプリにアップロードします。なお2022年3月時点では8種類のワクチンが承認されています。二回分の接種記録があれば良く、3回目以降の記録は無くても問題ありません。

日本政府が発行する接種証明は紙とアプリの2種類です。アプリはマイナンバーが無いと利用出来ません。
紙の接種証明は接種クーポンを発行した市区町村へ「海外用」の証明を申請をして下さい。アプリの場合はデジタル庁の新型コロナワクチン接種証明書アプリにリンクや詳細があります。マイナンバーがあればアプリ版の方が入手が簡単です。

アプリの場合

アプリを利用するには事前に以下のものが必要です。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)
  • パスポート(海外用を発行する方)

接種情報は縦長の画面で表示されますが、1回目・2回目それぞれの接種記録が表示されるようスクリーンショットを2回撮り、ArriveCanでその2枚をアップロードします。


接種1回目と2回目のスクリーンショット例

その他の準備

航空券および海外医療保険の手配を進めて下さい(渡航準備を参考)。保険は滞在予定の期間分はじめから加入しておき、入国時に保険証の提示ができるよう準備して下さい。(例えばワーホリなら一年分の加入証明を求められる場合があります)

2.渡航

1)ArriveCanアプリ登録

出発までにあなたの渡航情報、自己隔離先(滞在先)、ワクチン接種証明などをカナダ到着時刻の72時間以内にアプリ(ArriveCan)から送信する義務があります。⇒ArriveCanアプリの入力方法もご覧ください。

・利用直前に最新バージョンのアプリをインストールして下さい。
・現地で連絡がとれる電話番号が必要です、無料SIM等を用意して出発前に電話番号を確保してください。
⇒渡航前に番号がわかる無料SIM申し込みはこちら【人気です!】
・ワクチン接種済みの方は、英文の接種証明をPDFでアプリ内にアップロードします
・入国手続きでアプリのレシート画面にあるコード番号を示します。スクリーンショットで予め保存すると便利です。

2)空港チェックイン

最終目的地がカナダの場合、空港のチェックインで通常「ArriveCanレシート画面」「ワクチン接種証明」の2点を提示するよう求められます。アプリの準備、または予めスクリーンショットを撮っておくと便利です。

※ArriveCanレシート画面を保存する場合、最下部右のアルファベットが表示されるようご注意下さい。
※提示書類のルールはこちら:ANAの場合

3.入国

(Kiosk端末)⇒(入国審査)⇒(荷物ピックアップ)⇒(ビザ発行)⇒(出口でKioskレシート渡す)⇒(PCR検査:選ばれた場合)

1)入国手続き

<Kiosk端末で申告>

空港に到着して通路を進むとまずKioskと呼ばれる端末の操作があります。(動画はこちら)ここで
・パスポートのスキャン
・顔写真の撮影
・税関に関する質問に回答
などを行います。最後にレシートが出てくるので持参して次に進みます。

<入国審査>
その後入国審査官に書類を渡して簡単な入国審査となります。

■提示する資料
1)パスポート
2)ビザの許可証
3)Kioskのレシート
4)入学許可証(学生ビザの場合)

■提示を求められる可能性あり(通常は殆ど求められません)
ArriveCanのReceipt画面
・ワクチン接種証明
・保険証
・資金証明(ビザ申請時のもの等)
・滞在先の住所(メモや印刷物)

■入国審査よくある質問
①目的は?⇒I'm going to Language school. / I'm going to work at this company.(ジョブオファーを見せる等)
②どこの学校へ通う?⇒I'm going to XXX Language College.(入学許可証も見せるなど)
③何の勉強をする?⇒I'm studying English. / I'm studying business management.
④滞在先はどこ?⇒(住所を示すなどして)I'm staying at homestay. / I'm staying at this address.
⑤自己隔離中の食事は?⇒My homestay will prepare meals for me. / I'm cooking myself and use UberEats.

2)ビザ発行

先に荷物をピックアップしたら、荷物受取場の脇にある移民局オフィス(参考動画)へ行きます。オフィス入り口には「Immigration 移民」という看板があり、混む時は行列が出来ています。

提示資料をご用意下さい。
・パスポート
・ビザの許可レター
・入学許可証(学生ビザの場合)

バンクーバー空港の移民局

移民局の看板

3)ランダムPCR検査

空港でランダムに選ばれた人がPCR検査の指示を受けます。万が一指示された場合は指定クリニックへ行き検査をします。バンクーバー・トロントから入国する方の検査機関は空港外にあるLifeLabです。翌日の終わりまでに検査を終え、結果は4日以内に連絡されます。
参考ページ

<場所・営業時間>
このページからLifeLabの施設を探せます。空港最寄りの検査施設は以下ですが、滞在先と近いロケーションが無いか確認しましょう。翌日中に検査を終えれば良いので、必ずしも到着してすぐ受ける必要はありません。
・Toronto (YYZ) – 6900 Airport Rd, Hall 3, Mississauga, Ontario (7:00 a.m. – 11:00 p.m. EDT).
・Vancouver (YVR) – 6084 Russ Baker Way, Richmond, British Columbia (7:00 a.m. – 5:00 p.m. PDT)

<アカウント作成>
検査前にLifeLabのアカウント作成が必要です。
1)
ログインページからCreat An Account
2)情報入力を終えるとメールが届くので、メール内のリンクをクリック。※メールアドレスはArriveCanと同じアドレスにする
3)ログイン後「Add Order」からNew Inbound を選ぶ
4)Arrived via Air⇒3つの質問に答える(通常全部Yes)⇒州の選択(British Columbia)⇒空港の選択(Vancouver International Airport)⇒Traveler for business or leisureを選択
5)入力フォームが表示されるのでの箇所を全て入力(入力量若干多め:名前・生年月日・年齢・電話番号、日本の住所とカナダの住所、パスポート情報、フライト情報など)
6)次ページでregistration ID numberが表示されるのでスクリーンショットで保存。メールでも同じ内容が届きます(以下画像)

LifeLab登録後に届くメール

<陽性だった場合> ※参考ページ
・24時間以内にPublic Health Agency of Canada(カナダ公衆衛生庁)に電話して報告:℡ 1-833-641-0343
・検査日から10日間の自己隔離をする必要があります。

4.入国後

2022年3月以降、入国後の自己隔離や滞在方法、移動手段に関する規制はありません。

到着時のPCR検査はランダムですが、仮に検査を受けたとしても滞在先まで移動や別の都市へ行く方法について規制はありません。

参考リンク(英語)