toggle

ArriveCanアプリの入力方法・やり方

カナダ渡航前に操作が必要なArriveCanアプリの入力方法について解説します。渡航365日前から登録が可能です。

  • 渡航前の入力・送信がですので忘れないようご注意下さい。
  • アプリの作業完了には現地で連絡がとれる電話番号が必要です⇒渡航前に番号がわかる無料SIM申し込みはこちら
  • アプリや自己隔離ルールは頻繁に更新されており当ページの案内が最新状態でないケースもあります
  • iPadで利用したら最後のSubmitが出来ない、という報告があります。スマートフォンの利用をお勧めします
  • 全ての方に適した回答サンプルとは保証出来ませんので、ご自身で判断いただきながらご利用下さい(免責)。

渡航前

スマホにアプリをインストールします。⇒iOS 又はAndroid


アプリを開くとこの画面になりますのでStartを選んで下さい。



個人情報に関する同意事項などが書かれています。一番下までスクロールして「I accept the Privacy Ageement」をチェックしてNEXT。



アカウント作成の画面になりますので、メールアドレスとパスワードを入力し「Create Account」をタッチ。



設定したメールアドレスにこのようなメールが届き、本文に6桁のコードが書かれています。


コードをアプリへ入力してVERIFY



3ページに渡りアプリの利用法が説明されます。Nextでページを進めます。



入国手段を選びます。日本から来る方は初めに出てくるEntry by Airをタッチ


渡航にあたっての義務などが説明されています。I ACKNOWLEDGE(理解しました)をタッチ


出発の14~90日前にコロナ陽性と判定されましたか?という質問。感染履歴が無ければNo。(Yesでも渡航は可能です)


渡航時にコロナ陰性であるテスト結果を示す必要についての説明です。I ACKNOWLEDGEをタッチ。



入国制限の免除対象者か?という質問です。ワーホリや学生ビザの場合は「No」を選びます。
(免除対象とは、画面下部に書かれているカナダ国内の特殊な仕事に関わっている一部の人の事を指します)



カナダ渡航の目的を選びます。学生は中段にあるstudy、ワーホリはForeign Workerを選択してください。



フライト情報を入力します。AirportとAirlineは文字を入力すると候補が表示されるのでそこから選びます。(ANA=All Nippon Airways, JAL=Japan Airlines, エアカナダ=Air Canada)


旅行ドキュメントの選択です。通常はパスポートを選びます。するとパスポートのスキャン画面が出てきます。スキャンせず手入力も可能です。(その場合は画面の×(バツ)印をタッチして「Enter Manually」を選択)



旅行者の情報を入力します。なおSurnameは苗字ですのでお間違い無く。



これで一人分の登録が終わりました。一人で渡航する場合はそのままNEXT、同伴者がいる場合はADD ANOTHER TRAVELLERで追加します。



カナダ滞在中に連絡できる電話番号・メールアドレスを入力します。最低一つの電話番号の入力が必須で、理想は直接自分がピックアップ出来る携帯番号です。(渡航前に番号がわかる無料SIM申し込みはこちら【人気です!】)連絡する際の希望の言語をEnglishかFrenchで選びます。



次は自己隔離計画の確認に進みます、という案内です。



質問1/6:14日間(またはそれ以上)の自己隔離先を確保していますか?という質問です。手配される予定ならYesを選択して下さい。



質問2/6:隔離中に、同伴者を除く他人との接触は避けられますか?⇒Yesと答えるべき箇所



質問3/6:生活必需品(水、食料、医療、暖房など含む)を隔離先を出ずに確保できますか?⇒Yesと答えるべき箇所



質問4/6:高齢・療養中・虚弱な人が隔離先に居ますか?⇒Noと答えるべき質問


質問5/6:隔離先の同居人に感染率の高い施設を行き来している人は居ますか?⇒Noと答えるべき質問


質問6/6:隔離先は集団生活、または他の家族が住む環境ですか?⇒Noと答えるべき質問


要約すると「義務である入国後3泊用のホテル手配は済んでいるか?」という質問です。Yesを選ぶとBooking reference number入力フィールドが出てきます。すでに予約済みの場合は入力してください。ただ番号を入力しなくても前に進められます。

Noを選ぶと罰金の警告などが表示されますが、前に進める事は可能です。


隔離先の住所(ホテル3泊の次の滞在先)を入力してください。例えばホームステイならOther、寮やホテルならHotel, motel or rental accommodationを選択します。Destination descriptionにはホテル・寮の名前、ステイ先のホストの名前(又は単純にhomestayなど)を記入してください。


最後に健康状態の自己診断を行います。そのまま次のページへ。



熱や咳、呼吸困難といった症状がありますか?という質問です。ある場合は渡航時出来ませんので、無い事を確認しNoをタッチします。



以上で情報の入力は終わりました。情報に間違いなければ「Submit」をタッチして送信して下さい。左下の「Save & Close」を選んで保存し、あとで戻ってくる事も可能です。


送信すると、このようなレシート画面が表示されます。この画面を入国審査で提示するのでスクリーンショットで保存しておくと便利です。

万が一、重要な情報を間違えて入力して送信してしまった場合(例:電話番号、メールアドレスなど)、過去の事例ではも初めからもう一度アプリを入力・送信して利用したケースがあります。

入国時によく聞かれる質問はカナダ渡航の流れをご覧下さい。

到着後

入国したら定期的にアプリから操作を促されますので通知をONにして気づきやすくする事をお勧めします。入国二日目以降にDaily Check-inと呼ばれる一日一回の症状の報告をします。


カナダ到着した日は「Welcome to Canada!」と書かれた画面が表示されます。入国初日は特に行う事はありません。画面下のボタンをタッチすると、それぞれの状況に関する詳しい案内が表示されます。(上記画面は「症状のない入国者」に関する情報)



入国の翌日(二日目)から通知が届き、「Complete your daily check-in」という案内が表示されます。



自己隔離のルールが表示されます。読んだら次のページへ。



自己隔離先に到着したかどうかの確認(上部)と、ルールに同意したかどうか(下部)にYesと回答して次のページへ進みます。この画面は初日のみ表示されます。



「熱と咳」「熱と呼吸困難」の症状があるかどうかの確認です。無ければNoが選択された状態で次のページへ。



これで入国後初回の操作は終了です。check-inは翌日以降も毎日促されますので、忘れずに送信をして下さい。



翌日以降も同様に症状のレポートを促す案内が表示されます。14日間、一日一回送信しましょう。

免責

このページは掲載内容が最新状態である事を保証しておりませんのでご注意下さい。またここで示す回答が全員の方に適している事も保証出来ませんので、あくまでご自身の責任でご判断・ご利用下さい。またその結果なんらかの問題が生じた場合も当社は責任を負いません。