toggle
2020-10-23

信用する

前職(留学エージェント)でメールカウンセリングをしてる頃に

カウンセリングは「信用」が全てだと悟りました。

そして今も会社経営していて、ビジネスは「信用が全て」と改めて痛感する日々です。

 

よーく考えると世の中この「信用」で全て成り立っているんですよね。

個人で世の事象全てを自分で見て確認する事なんて出来っこないから、

誰かが言ったことを信じ、そこから全てが始まります。

だから日々、友人などと話す度に無意識で「信用」する作業を何度も繰り返してる事に気づきます。

 

でも商売は初めからお客さんと信頼関係にある訳ではありません。

本当は、値段とかサービスとか語る前に信用してもらわないといけないのですが、

この業界の殆どは順序を無視して、その逆で進めるケースが多い。

 

信用が先と言っても、「信用してもらうまで教えないよ~」って意地悪する意味ではありません笑

申し込みとる事ばかり考えるのか、誠実にお客さんと向き合うのか。それだけです。

 

信頼優先だと、申し込みいただけなくてもご縁が無かったと思うだけですし、なんとか言いくるめて売上をとろうとは思いません。

売上優先だと、信頼関係があろうが無かろうが、なんとか魅了させてお申し込みが頂ければ良いという発想になる。

 

信用ばかり考えてたら時間かかるし、むしろ売上意識が落ちてビジネスとしてマイナスでは?

と普通だったら考える人がいるかもしれませんが

この地味で一番大切な仕事をコツコツ続ける事が売上主義よりも大きな成功にたどり着くんです。

時間はかかるかもしれません。

が、私はもうほぼ1000%確信し、かつ今も成長を実感しているので

軸は過去から未来までブレません。

 

ショートカットを狙って美味しい実をとりたいと思うのが人間性ですが、

これは目に見える目先の欲に翻弄されてるだけです。

小さい成功で低空飛行、またはリスクを抱えて成長するならショートカットでよいが、

大きな成功は回り道ルートになっていて、でも結果的に早くゴールにたどり着くのです。

 

直線的ではなく、曲線を描いてゴールへ向かう方が、ビジネスでは正しいという事です。

(短距離走ではコレやってはいけません)

関連記事