toggle

ホームステイガイド

ホームステイの魅力は生活習慣やその国の文化を学ぶこと、そして人との触れ合いです。全てを受け入れる初心の心構えを持ち、海外生活体験の中からさまざまな感動、発見、人との交流などを自ら体験して今後の人生の糧にしてください。

延長について

滞在を継続する場合、期限の4週間以上前に弊社へご連絡下さい。なお延長が可能かどうかは連絡をいただいた後に確認となり必ずしも同一ホストで延長出来るとは限りませんので、ご了承下さい。

・ 4週間をきって延長のご連絡をいただいた場合、再手配料をいただく可能性がございます。
・ 延長の連絡が無い場合、申し込まれた期間で自動的に終了となりますのでご注意下さい。
・ 延長の連絡はバンクーバーオフィオスへメール、Lineでご連絡下さい。

延長滞在費のお支払いはオフィスで受け付けております。(ホストには払いません)次の滞在期間が始まる前に必ずお支払下さい。

ホームステイの心得

ホームステイでは日本の常識や規則が通用しない場合もよくあります。前向きな姿勢と努力で好奇心を持って様々なことにチャレンジする気持ちで頑張りましょう。

ホストファミリーと最初に出会う時は誰でも緊張するもの!でも一番肝心なことは挨拶。元気に笑顔でハッキリとゆっくり相手に分りやすく名前を言いましょう。カナダ式に握手でファミリーの一人一人に気持ちを込めて相手の目を見て堂々と自己紹介しましょう。緊張からソワソワして暗い表情で相手の目を見ないで発言する態度は失礼にあたります。

“NICE TO MEET YOU, MY NAME IS ●●”

はじめからファーストネームで呼び合う習慣を覚えることはキーポイントです。“Mr.”“Ms.”の呼び方は相手を困惑させるよそよそしい表現です。いきなり呼び捨てにする習慣は日本人にとって難しいとは思いますがなれるように努力しましょう。

現地について早々は長旅の疲れと時差ぼけでかなり疲れがたまっていることでしょう。自分の体の調子を整えるためにも無理をせずに早めに就寝させてもらうようにしましょう。

滞在初日にハウスルール(家の決まり事)を確認しておく必要があります。それぞれに家のルールがあります。夕食の時間、洗濯機の使い方、シャワーの時間、等。ホストファミリーのライフスタイルを理解し、お互い好意を持ち合う姿勢は大切です。ホストファミリ
ーは皆さんに対して一人の立派な大人として個人を尊重します。楽しい滞在にするためにも最低限のルールは守るようにしましょう。

よく使う単語・フレーズ

家賃:rent
延長する:extend
退去する:move out
通学・通勤:commute
バスに乗る:take a bus

・Would you tell me about your house rules?(家のルールについて教えていただけますか?)
・I will be late tonight, so I don’t need dinner.(今夜は遅いので夕食はいりません)
・Is there a curfew?(門限はありますか?)
・Thank you for all your help.(いつも助けていただいてありがとうございます)
・Could you tell me that again?/Sorry?/Pardon me?(もう一度言ってもらえませんか?)

貴重品の管理

ホームステイ先での貴重品の管理には気をつけてください。現金、パスポートなどの貴重品はたとえホームステイ先でもスーツケースの中に鍵をかけて保管するようにしましょう。ホームステイ先に外部からの訪問者(電気屋、ガス屋、修理屋など)が出入りすることもあります。その際に盗難が起こる可能性もあります。また、自分の部屋に高価なもの(ノートパソコン、デジタルカメラ、時計、その他)などを目の付くところにおいてあればホストファミリーの子供やその友達がいたずらすることも考えられます。悪気がなくても勝手に使っているうちに壊したり紛失してしまう可能性もありますので気をつけてください。貴重品はご自身の責任の下管理してください。

食事

ホストファミリー宅での食事は日本の一般的な食生活に比べると質素です。朝は各自がコーンフレークとコーヒーなどで軽く済ませるといったセルフサービス式です。お昼はホストファミリーがサンドイッチを作って持たせてくれるか、ご自身で冷蔵庫の中にあるハムやチーズを使ってサンドイッチを作って持っていくことになります(語学学校へ通う学生の場合)。夜はホストマザーかホストファーザーが食事を作ってくれます。ファミリーの都合によっては食事を作り置きにして電子レンジで温めて食べるときもあります。
夕食の時間までに帰宅できない場合は必ず事前にファミリーに連絡を入れましょう。

シャワー

バスルームを利用する時はお湯の使いすぎに注意しましょう。カナダの各家庭では、一日に使えるお湯の量が決まっています。例えばシャワーを浴びる時間が長いと次に使う人がお湯を使えない場合も考えられます。使用後は次に使う人のためにバスタブをきれいにしておくことはエチケットです。

洗濯

洗濯はホストファミリーに洗濯機や乾燥機の使い方を教わって自分のものは自分で洗うようにしましょう。ファミリーの好意で洗濯物を一緒に洗ってくれる家庭もあります。
洗濯物を自分で洗って自分の部屋に干したい場合は一言ホストファミリーに相談しましょう。部屋干しすることで部屋に湿気がこもる事を嫌がるファミリーもいますので気をつけましょう。カナダ人家庭の洗濯の回数は1 週間に1 回が基本です。

電話

ホームステイ先で電話を利用するときは一言ホストファミリーの許可を得てから使用するようにしましょう。国際電話、長距離をかける場合、必ず市販のコーリングカード(ホームステイ先、公衆電話からでも利用できるテレホンカード。)をご利用下さい。

ホームステイ注意事項

  • カナダ人の多くは健康的な生活スタイルです。夕食の時間が早く(夕方5 時~6 時)就寝も夜10 時頃です。小さな子供のいる家庭では子供は夜8 時頃に寝ます。夜9 時以降の電話やシャワーはファミリーに許可を得てから使用すること。ホストファミリーに迷惑をかけないよう気をつけましょう。
  • ホストファミリーに小さな子供がいるところはとにかく想像以上に元気いっぱい!もし子供がいけないこと、嫌がらせなどをしたらハッキリ“NO”と言う意思表示は大切です。あいまいな態度を見せずにハッキリと答えることです。
  • 週末にホストファミリーがどこかへ連れて行ってくれることは基本的にはありません。週末はカナダで出来た友達と、または自分でプランを立てて行動しましょう。
  • ホストファミリーに容易にお金を貸したり、何かの理由で請求されたり、お金に関することやお金の貸し借りはトラブルの元です。分らないままに事が進んであとで後悔することがないように事前に当オフィスのスタッフに相談してください。
  • ホストファミリーから過度なボディタッチ、スキンシップを受けた場合やセクハラと思われる行為や言動があった場合はすぐに当オフィスのスタッフに相談してください。

ホームステイ外での注意

  • 留学生を狙う犯罪がバンクーバーで横行しています。財布を盗まれた、バス代が必要と言ってお金を借りようとするといったものです。貸したお金はまず返ってきませんので気をつけてください。断るときはきっぱりと“NO”と伝えましょう。
  • 変な人に声をかけられても相手にしないこと、ついて行ったりしないよう気をつけてください。上手な日本語で話しかけてくる人にも注意しましょう。バッグの中の貴重品やポケットの中の財布などは常に注意を払うようにしましょう。
  • 学校やその他の場所でも現金、貴重品から目を離さないようにしてください。図書館やコーヒーショップなどでの盗難も増えていますので荷物は必ず目の届くところに置いておくようにしましょう。リュックサックの中の貴重品を全く気づかない隙に盗まれるケースもありますので気をつけましょう。

「もっと早く相談していれば・・・」ということにならないように、何か気が付いたことがあれば速やかにご相談ください。現地にオフィスがあることを大いに利用してください。滞在が充実して楽しくすばらしい経験になるようにサポートします。

犯罪被害に遭わないためにもご覧下さい。