toggle

部屋探し(シェアハウス)

シェアハウスとは家賃・デポジット退去探し方用語

シェアハウスは、留学生・ワーキングホリデーの滞在スタイルの定番です。その特徴や部屋探しの方法等をご案内します。

各州の賃貸ルール・問題の管轄部門

BC州:Residential Tenancies
ON州:The Landlord and Tenant Board

シェアハウスとは

カナダで共同生活する住まい物件をシェアハウスと呼び、とても一般的です。スタイルは様々ですが基本的には「家のオーナーが空いてる部屋を家具付きで貸す」を指します。つまり個人(部屋のオーナー)と直接交渉・契約して部屋を借りる、という形です。中には部屋貸しをビジネスとして行っているオーナーもいます。

月々の家賃も比較的安く抑えられることから、多くのワーキングホリデー、留学生がこの方法で生活しています。物件としては、一軒家やコンドミニアム(日本で言う分譲マンション)のどちらかが殆どです。

特徴

  • 家具などの生活用品が揃っているためスーツケース1つで生活が始められる。
  • 共同生活するのはオーナー、またはルームメイト(シェアメイトとも呼ぶ)。
  • 自分の個室がある。キッチン・リビング・バスルームはシェアが基本。
  • 光熱費やWIFI料金も家賃に含まれる場合が多い。
  • 短期~長期の滞在が可能で、退出時に次の人を探す必要は無い。
  • ルームメイトは留学生やカナダ人、移民した人など様々。

同居人のパターンは幾つかあります。

オーナーと共同生活するケース
ベッドルーム以外(玄関、リビング、バスルーム等)はオーナーとシェアして共同生活をします。
オーナーの家だが住空間が異なるケース
一軒家の場合、上(下)の階にオーナーが住み、下(上)の階をシェアハウスとして提供しています。玄関も別々でほとんどの設備をオーナーとシェアしないで生活します。
オーナーは別居してルームメイトのみのケース
オーナーは完全に別の所に住んでいるため、ルームメイトのみと共同生活します。

家賃とデポジット

物件によって異なりますが、郊外の個室の平均が大体 $700 ~$850/月です。(2022年現在)
家賃は前払い制で、滞在期間の初日またはそれ以前に支払うのが通常です。

家賃以外にデポジットを払うルールがあります。デポジットとは保証金の事で、これを払うことで契約成立となります。日本で言えば敷金でもあり、退去時に部屋の破損があった場合に修繕費としても使われます。

BC州では入居時にデポジット(保証金)として家賃の50%を支払う必要があります。退去時に破損などの問題がなければ全額返金されます。一方ON州は初月と最終月の2ヶ月分がデポジットとなります。

怪しい契約は注意

州のルール以上の支払いを求められたら契約は一旦保留するのが無難です。例えばBC州でデポジット1ヶ月分を要求されたり入居前に数ヶ月分の家賃を求められる場合など。詐欺の可能性もありますし、そうでなくても法律に反した要求をするオーナーであれば慎重になるべきです。参考:賃貸詐欺について

退去

退去の連絡を一般的にNoticeと呼びます。BC州なら退去の1ヶ月以上前にオーナーに申し出ること(1 Month Noticeと呼びます)を忘れないようにしましょう。オンタリオ州は2ヶ月前です。守らないと退去が一ヶ月遅れたり、デポジットが返ってこなくなる可能性があります。

シェアハウスのトラブルでよく耳にするのは、この退去時の問題です。滞在期間の認識がオーナーと一致せず、余計な費用が発生した、または不要に滞在期間が延びてしまった・・といった問題をよく耳にします。特にシェアハウスを退去して別の部屋へ移動する際は、タイミングをあわせようと退去の連絡が遅れてしまう事が多いです。ご注意下さい。

部屋探しは大きく3ステップ。

1)物件情報を探す
2)内見
3)契約

1)物件情報を探す

クラシファイド(classified)と呼ばれる情報サイトで探すのが通常です。シェア物件を探せる日本語🇯🇵と英語🇨🇦のサイトをご紹介します。

  • Jpcanada🇯🇵バンクーバー最大クラシファイド
  • e-Maple🇯🇵トロント最大クラシファイド
  • お泊りくん🇯🇵各都市対応。シンプル見やすい
  • MixB🇯🇵バンクーバーのみ。投稿少ない。
  • Craigslist🇨🇦情報量が圧倒的な現地人スタンダート。慣れた人向け、詐欺注意。
  • Kijiji🇨🇦Craigslistの次に人気の掲示板。

その他

  • AirBNB🇯🇵 ご存じエアビーにも長期滞在物件あり。
  • Sweetheart B&B🇯🇵トロントのB&B物件

2)内見

クラシファイドで興味のある物件があればまず内見(Viewing)の予約をしたい旨、投稿主へ連絡しましょう。下見一回で部屋が決めるのは難しいですし、比較する事で判断がしやすくなりますから、まずはウォーミングアップのつもりで何軒か訪問するのが良いでしょう。

最低限確認したい点

1)家賃、デポジットの額
2)WIFI/光熱費は家賃に含まれる?
3)洗濯機・乾燥機の使用
4)ルームメイトがどんな人か
5)滞在期間のルール(最短・最長)
6)退去時ルール
7)契約書を交わすか
  • 写真は現実と印象が異なるケースがあります。トラブルを避けるためにも内見は必須とお考え下さい。
  • 客観的な意見を聞くため、及び防犯の意味も踏まえ複数人で行くことが理想です(友人を誘うなど)
  • シェアハウスにおけるストレス・トラブルの多くはルームメイトが要因です。内見の際にルームメイトがどんな人かも把握しましょう(会えなくてもどんな人なのかオーナーに確認)。
  • 英語に不慣れな留学生を狙った詐欺やセクハラも起きています。内見前にお金の送金を要求してきたり、ルールに反した金銭を要求してくるなどの怪しい行動が見られた場合は入居しない、お金を払わないようご注意下さい。
    【詐欺の例】実際に魅力的な部屋(実在しない)の写真をネットに載せ、オーナーは海外にいる事を理由に内見前にお金の送金を要求し、送金した後に連絡が取れなくなるなどの詐欺が多発しています。

3)契約

通常デポジットを払う事で契約が成立し、その部屋を確保します。入居の意思を口頭で示すだけでは他の人にとられる可能性もあるのでご注意下さい。またデポジットは州のルールに応じたデポジット(BCは家賃の50%、ONは二ヶ月分)である事をご確認下さい。

  • 最低限の滞在期間が決まっている部屋もあるので確認しましよう(例:minimum 3 monthsなど)。それを無視して退去した場合、デポジットが返ってこなくなる場合があります。
  • デポジットや家賃を払った際、必ず領収書をもらいましょう。
  • 契約の際は口約束ではなく必ず書面で交わしましょう。

住まいに関する用語

  • Rent・・・家賃
  • Deposit・・・保証金、敷金
  • Furnished・・・家具付き
  • Viewing・・・下見・内見
  • Takeover・・・引継ぎ
  • Bachelor / Studio・・・ワンルーム
  • Utilities・・・光熱費
  • Hydro・・・電気
  • Vacancy・・・空室