toggle

渡航準備

eTAエスタ航空券保険携帯電話手荷物入国審査よくある質問

eTA申請(観光で渡航する方)

eTA(Electronic Travel Authorization)は、「空路」でカナダに入国する場合に必要な手続きです。(陸路の入国では不要) アメリカで言うESTA(エスタ)と同様の仕組み。日本語の申請ページも用意されていて手続きは10分程度で終わります。
学生ビザ・ワーキングホリデーの方はビザと一緒にETAが自動的に発行されるため、実際のところ観光ビザ場合に必要な手続きです。

eTA認証の有効期限は5年間です。パスポート番号と結びついているので、パスポートの書き換えをしたらもう一度申請が必要です。

学生・ワーキングホリデーのビザの方は、ビザの許可レター2ページ目にETA情報が書かれていますので、渡航時にレターを印刷し提示できるようにしておく事をお勧めします。

【注意】日本からJAL、ANA、Air Canadaで渡航するワーホリ・学生ビザの方へ
学生・ワーホリビザで取得したETA番号は確認用サイトでチェックしても「存在しない」と言われる事象が発生しています。これはシステム上の既知の問題で、実際はレターにある通りETAは発行されており「入国は出来る」とカナダ大使館査証部に確認をしています。(2018年)ただチェックイン時に航空会社や担当者の判断に寄ってはトラブルになる可能性があるため、その場合は事情をしっかりご説明下さい。

アメリカ経由ならエスタも必要(重要)

ESTA申請ページ(日本語)
アメリカへ入国するには、エスタと呼ばれる手続き(電子渡航認証システムElectronic System for Travel Authorization:ESTA)を事前に行う必要があります。申請料は14アメリカドルです。オンラインで申請し、発行されると2年間有効になります。登録後もESTAのページで自分の有効期限などを確認できます。これもETAと同様日本を出発する時に取得していないと搭乗出来ない可能性がありますので必ず取得するようご注意ください。
※なお陸路(車で国境を超える等)でアメリカへ入る場合はESTAの申請は不要です。

航空券の手配

カナダへの渡航では、ビザは行先、金額によって、片道・往復(オープンまたはFIX)・直行便・経由便など様々な種類があります。航空券は金額だけで選ぶとトラブルを招きやすくなりますし、到着するまでが重労働になる可能性があります。スムーズな到着を目指すなら、少なくとも「直行便」が一番のおすすめです。

別の国経由(例:アメリカ、韓国、香港など)の便はお勧めはしませんが、経由便になった場合は荷物を経由地でピックアップする必要があるかチェックイン時に確認しましょう。また乗り継ぎ時間は最低3時間以上とるようにしてください(間隔を短くした事で乗り継ぎ失敗する事例が毎年後を絶ちません)。乗り継ぎに失敗すると追加料金の発生、カナダで待機中の弊社スタッフへ連絡いただくなど、手間も費用もかかってしまいます。

渡航計画を安心して進めたい場合は、私たちの提携旅行会社がお勧めです。メールで依頼をすれば安心・私的なチケットの提案を致します。⇒くわしくはこちらをご覧ください

保険の加入

ワーキングホリデーの申請資格には「滞在期間をカバーする医療保険に加入している亊」というものがあります。保険の期間が一年でなかった場合、入国時に保険の期間分しかビザが発行されなかった、という事例が実際に増えてきました(2018年時点)。保険はしっかり加入し、いつでも保険証を提示出来るようにして下さい。学生ビザの方も同様に申し込んだ学校の期間分は保険の用意をしておくようお勧めします。
保証がしっかりして海外生活も安心のAIG保険が勧めです。オンラインからクレジットカードでいつでもお申し込み可能です。

携帯電話について

カナダでもスマホ等の携帯を持てば、生活が便利になるだけでなく、安全に生活する重要なツールとなります。シムフリーの携帯をお持ちであれば、ご自分のスマホをカナダの携帯として使えるSIMを出発前にご契約できます。⇒くわしくはこちらをご覧ください

手荷物について

最近は搭乗時のセキュリティがとても厳しくなっています。例えば液体やペースト状のものも少量でないと持ち込めませんので、お酒やジュース、歯磨き粉や整髪料などは全てスーツケースの中に入れるなどの工夫が必要です。
成田国際空港セキュリティガイド(持ち込み可・不可の荷物など)

荷物の大きさ・重さの制限は以下のページで確認できます。参考までにエアカナダ・ANA・JALはスーツケース最大2個まで無料預け入れ可能、重さは一つ最大23キロです。(正確な情報は以下のサイトをご確認下さい)
各航空会社の手荷物制限:エアカナダANAJAL大韓航空ユナイテッド

重要書類はいつでも出せる準備を
以下の書類は入国時に出せるようにしておきましょう(預けに持つに入れると入国審査で提示できないためご注意下さい)。

  • パスポート
  • ビザ許可証(あれば)
  • 学校の入学許可証(あれば)
  • 滞在先の住所
  • 帰りの航空券(観光で入国時のみ)

入国審査

バンクーバー、カルガリー、モントリオールの空港で入国する場合、キオスク(Kiosk)と呼ばれる入国審査の専用端末で手続きをするため、入国カードは不要です。


ただしトロントはターミナル1(エアカナダ、ANA等の直行便でトロントへ行く場合)を利用する方は入国カードが必要です。機内でカードを渡されますので事前にご記入下さい。記入例をこちらをご覧ください⇒カナダ入国カード記入例(JAL)

入国カードが不要な空港(バンクーバー等)をご利用の場合は、キオスクを用いて以下のように入国審査が進みます。

  1. 空港内を進むとキオスク(入国審査端末)のあるエリアに到着します。
  2. キオスクで以下の作業を行います。
    • 言語を選ぶ画面で日本語を選択
    • パスポートをスキャンする
    • 顔写真を撮影する
    • 税関に関する簡単な質問に答える
    • レシートが発行される
  3. レシートを持って出口に居る審査菅に提示します(簡単な質問を受け一瞬で終わります)レシートは戻されますのでそのままお持ち下さい。
  4. 預け荷物をピックアップする
  5. 出口の係員にレシートを渡してゲートを出る

その他よくある質問

カナダでインターネットはどうやって接続しますか?
弊社でアレンジするホームステイは原則WIFIでインターネット出来る環境です。アパートやシェアハウスに住む場合も殆どの場合はあらかじめWIFI環境があります。また語学学校でもネット環境がありますし、カナダのカフェは殆どが無料WIFIがあります。弊社のオフィスでも無料WIFIをご利用いただけます。自分で契約しなくても比較的いつでもネットが使える環境にあると言えるでしょう(ご自分のスマホやノートパソコンを持参する場合)。都市部にはネットカフェもたまにありますが日本の都市部ほど多くはありません。

カナダで日本のスマホを使えますか?
日本で使っているスマホはSIMフリーの状態であれば通常はそのままカナダで利用いただけます。シムロックがかかった状態でカナダへ来てしまうと電話としては使えませんが、WIFI専用のスマホとしてご利用する方もいらっしゃいます。

日本の電化製品はカナダで使えますか?
カナダの電力は110V/60Hzです。(日本は100V/50または60Hz)コンセントも日本のものが使える形状なので基本的には日本製品を持ってきてそのまま使えます。よっぽどの精密機器や長時間使うもので無ければ変換アダプターも不要です。海外でそのまま使える製品も多く、たとえばパソコン等は通常海外でも使えます。例えば「入力(INPUT)100V-240V, 50-60Hz」という記述があれば、カナダの電圧をカバーしてるので問題無しです。

渡航準備にあたって以下のページもご覧下さい。